副業を検討|スマホや携帯を活用してポイントサイトでお小遣い稼ぎ

商品購入で稼ぐ

ポイントサイトとASPの違い

インターネットに載せる広告は、ASPに頼む事が一般的です。
しかしASPに依頼しても、必ず広告掲載が効果を上げるとは限りません。
なぜならASPは個人が登録して、ホームページに掲載してもらうというアクションが必要だからです。
利用される見込みのない広告であれば、登録者はアフィリエイト報酬を受け取れません。
だから紹介が難しい広告は、敬遠される傾向にあります。
しかしポイントインカムのような、ポイントサイトに頼めばその限りではありません。
ポイントインカムにはたくさんの広告が掲載されています。
そしてアフィリエイター達が、特定の広告を選ぶ必要がありません。
彼らが行うのはポイントインカムの紹介です。
つまり特定の広告ではなくポイントサイトを宣伝します。

広告の成果報酬について

ポイントインカムのようなサイトやASPに依頼する場合には、契約の成立によって支払う成果報酬が一般的です。
つまり何回閲覧されても契約が成立するまでは、報酬を支払う必要がありません。
報酬の額についてはどちらも大差ありません。
ただし紹介を担当するアフィリエイターが受け取る報酬は、ASPの方が大きいと言われています。
ポイントインカムで契約が成立すると、ポイントサイトに報酬が支払われます。
その報酬の中からアフィリエイターにお金が与えられるため、金額がわずかに小さくなる事は必然です。
それに対してASPでは広告掲載者に対して、報酬の支払いが行われます。
ダイレクトなやり取りになるので、中抜きされる事はありません。

Created by BlackTie.co - Attribution License 3.0 - 2013